FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木荘ネタNo. 142 「夏休みの学習」

仗助「おしっ、台風で壊れた物置の修復、いっちょあがり」

吉良「いつも助かるよ」

仗助「その代わりといっちゃあ何だけどよぉー、ちょっと吉良に頼みたいことがあるんだよ」

吉良「人前に出るような用事ならお断りだよ。こちとら4部アニメ化の騒ぎで迷惑してるんだ」

仗助「そんなんじゃあねーよ。あのな、音楽の夏休みの宿題で作曲の課題が出て、俺も億泰も困っててよぉ。もし吉良もそういう課題やったことがあるなら、知恵を貸してもらいてえんだよ」



康一「あ、ジョースターさん、こんにちは」

ジョセフ「おお、コウタロウ君。どうした、浮かない顔で」

康一「康一です。実は音楽の課題で作曲をしないといけなくて、今月いっぱいで仕上げないといけないのにどうしたら曲が出来るか全然分からなくて…。だいたい無茶なんだよなあ、僕らにいきなり作曲しろだなんて…」

ジョセフ「フォッフォッフォッ、それならわしにいい考えがあるぞ、コウスケ君」

康一「本当ですか!?…康一ですけど」



吉良「簡単な話だよ。ゴーストライターを使う」

仗助「…何かどっかで聞いたような話だな。俺たちにそんなヤバい橋を渡れっつーの?第一ゴーストライターになってくれるやつの当てがあるのかよ?」

吉良「うちの同居人のヴァレンタインの部下に、ドヴォルザークを尊敬してる音楽家崩れのやつがいるんだが、彼にちょっとアルバイトしてもらってそれらしい曲を作ってもらおう」

仗助「音楽家崩れ?おいおい、大丈夫かよ?」

吉良「聞いた話では作曲も演奏もなかなかの腕前らしいぞ」

仗助「へーっ、伊達にバッハじゃあねーんだな、あのおっさん。いっちょ頼んでみるか」



ジョセフ「ここに正十二面体のサイコロと、普通の立方体のサイコロがあるじゃろ?正十二面体のサイコロのそれぞれの面を、1オクターブ分のピアノの鍵盤、白黒合わせて12個に当てはめる。正六面体の面は、八分音符、四分音符、二分音符、八分休符、四分休符、二分休符に当たる。本当は十六分音符と十六分休符、全音符と全休符もあるが、今回は省略。この2つのサイコロを同時に転がして、2つのサイコロの目で音程と音の長さを決めるんじゃよ。どうじゃ?キンパチ君」

康一「康一です。もう『チ』しか合ってませんけど…まあいいや。ちょっと試しにやってみますね」

(30分後)
康一「出来た!出来ました、『多面体のロンド』!」

ジョセフ「なかなかのもんじゃろう?次に君は『さすがですねジョースターさん!』と言う!」

康一「さすがですねジョースターさん!…あっ。でもありがとうございます!おかげで夏休みの宿題出来ました!」



(そして夏休み明け)
由花子「聞いたわよ、康一君。夏休みの宿題のことで先生に呼び出されたそうね?」

康一「うん…リズムも和音も何もかもめちゃくちゃ、こんなの音楽じゃあないって…。でもしょうがないよ、僕音楽の才能ないし」

由花子「そんなことないわ。由花子、康一君はやればできる子だって知ってるんだから。そうだわ!いいこと思い付いた!康一君の音楽の成績がアップするように、連休になったら合宿しましょ!幼なじみの子のお兄さんが音大生だから、協力してもらうわ!音楽ホールのある、山奥の素敵な民宿を探さなくっちゃ!」

康一「やめてぇぇぇぇ!」



億泰「吉良ー、えらいことになっちまった」

吉良「何がだい?」

億泰「あのバッハのおっさんが紹介してくれたゴーストなんちゃらがよぉ、ちゃーんと俺と仗助で雰囲気の違う曲を作って、本当に俺らが作曲したように見えるようにヘタウマ感まで出してくれたんだけどよぉ、それが音楽の先生にやたらウケちまって、『特に虹村!お前にそんな才能があったなんて知らなかったぞ!』とか言われて、俺もう本当にどうしたらいいか…」

吉良「良かったな、アクセル・ROにお礼をはずんでやれよ。そのうち合唱部や吹奏楽部から委嘱を受けたりしてな。そのときはまた彼のところに行くといい」

億泰「チッ、他人事だと思って…」



うちの父は、学校で作曲の課題が出た時、本当に鉛筆を転がして曲を作ったそうです。えらく怒られたとか。でもやりようによってはすごく斬新ないい曲が出来そうな気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

偶然性の音楽…某青狸の学習漫画シリーズの音楽編で乗ってた気がします。4分33秒(ピアノの蓋を開け閉めするだけで一切弾かないで観客達の反応を音楽に見立てる)とか色々面白いのありますよね。

Re: No title

コメントありがとうございます。
そうそう、「4分33秒」を作曲(?)したジョン・ケージあたりの作品でサイコロで作曲した曲が実在しても良さそう…と思ったら、何とモーツァルトも作曲にサイコロを取り入れていたという話があるそうです。もっとも、音符の並びや和音まで完全にサイコロ任せではなく、モーツァルトが作曲した楽譜の断片に番号がふってあって、それをサイコロの出た目に従って並べる、というものだったそうです。
そういえばこの話を思いついたきっかけは、もうすぐNHKで放送される「クラシカロイド」というアニメで、若ジョセフと康一君の中の人がそれぞれベートーヴェンとモーツァルトを演じると知ったことでした。アイディアが出た段階ではモーツァルトがサイコロで作曲する曲を作っていたのは知らなかったのですが、思いがけずモーツァルトで話がつながってしまいました。
sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。