FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木荘ネタNo. 138 「なりたかったもの」

DIO「フフフ、このDIOの子供の頃の夢は貴族の家を乗っ取って金持ちになることで、今は天国に行くというもっと大きな夢があるが、貴様らはどうだ?このDIOの足を引っ張ることくらいしか考えていないのではないか?」

ポルナレフ「はあ?何言ってんだよ、俺の夢は漫画家になってポルナレフランドをおっ立てて、可愛い彼女と楽しく暮らすことだぜ?…36になっても何一つ叶ってなかったけど(ずーん)」

ジョセフ「まあそう落ち込むな。わしの若い頃の夢はパイロットじゃったが、飛行機に乗るといつも墜落するからのう…」

承太郎「やれやれ、ジジイがパイロットだったら10回くらい死んでるな」

アヴドゥル「私の子供の頃の夢は寿司職人になってエジプトで一番美味しい寿司を握ることだったが、アボカドにアレルギーがあることが分かったからどうも…」

承太郎「カリフォルニアロールを出さない日本の昔ながらの寿司屋で働きゃいいじゃあねえか」

アヴドゥル「フッ、まあ確かにそうだな。でも寿司を握る立場じゃあなくてうまいうまいと言って食べるだけの立場でいられるのも幸せかもしれない」

ポルナレフ「(ヒソヒソ…)そんなに寿司が好きだから、のり巻きみたいな髪型なのか?」

ジョセフ「(ヒソヒソ…)意外とそういう単純なところがあるからのう…」

ポルナレフ「ま、でも子供の頃の夢なんてそんなに簡単に叶わないもんだよな。この前、俺の小学校の卒業文集が出てきたんだけど、俺、何て書いてたと思う?『僕は将来カエルになりたいです。 ジャン・ピエール・ポルナレフ』」

花京院「それは叶ったら一大事だね。でも何でカエル?」

ポルナレフ「確か正確に言うとカエルの養殖をやってみたかったとかそんな理由だったと思うんだけど…」

DIO「でもジョルノに聞くところによると亀にはなれたそうではないか」

ポルナレフ「別になりたくてなったわけじゃあねえけどな」

花京院「僕の子供の頃の夢は叶ったよ」

ポルナレフ「へえ、どんな?」

花京院「僕に見えるのと同じ物が見える友達が欲しい、っていう夢」

『花京院ンンン~!!』

DIO「そういうことなら…フフフ、また友達に…」

花京院「それは嫌だ」

DIO「WRYYYY…」

花京院「承太郎は昔から海洋生物学者になりたかったの?」

承太郎「ああ、そいつぁ…」

ホリィ「ハーイ、冷たいもの持ってきたわよ。ねー、承太郎の小さい頃の夢は、ママと結婚することだったのよねー」

承太郎「やかましいッ!あっちへ行け!」

アヴドゥル「ホリィさん、年頃の息子さんにそれはちょっと…」

ジョセフ「ホリィ…お前も昔は『おおきくなったらパパのおよめさんになる』と言ってくれていたのに、日本になんか嫁いで行きおって…」



DIO様と友達になるのは嫌だと言いつつ、一緒に空条家でお茶を飲んでいる花京院なのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。