スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3悪ネタNo. 2 「どんなに君が好きだか当ててごらん」

アン「ねえねえ、お姉さん」

ミドラー「何?私のこと?」

アン「お姉さん、承太郎のこと好きなんでしょ?」

ミドラー「はぁ!?馬鹿ねえ、あなたいきなり何言ってるのよ!私はDIO様一筋に決まってるでしょ?」

アン「ふうーん、じゃあ承太郎のことあんまり好きじゃあないんだ。じゃあ私が承太郎のお嫁さんになるー!」

ミドラー「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

アン「どうしたの、うろたえちゃって?
いい?いつか海の見えるチャペルで、白いドレスを着た私に、神父様が重々しくこう聞くの。『汝、この者を夫とし、富めるときも貧しきときも、健やかなるときも病めるときも、死が2人を分かつまで、愛することを誓いますか?』私が『誓います』と答えたら、2人で結婚誓約書にサインをして、熱い誓いのキスを交わすの。みんながお花をまいて私たちを祝福してくれて…」

ミドラー「ふん、何よ、承太郎に告白されたこともないくせに、夢みたいなことばっかり言って!私にだってその権利はあるはずよ!水でもかぶって反省しなさい!」

アン「ふーん、じゃあお姉さん、どれくらい承太郎のこと好き?」

ミドラー「んーと、こ、これくらい!」

アン「じゃあ私は、こーれくらい承太郎が好き!」


アン「私、(ごりごりごり…)今描いた丸の大きさくらい承太郎が好き!」

ミドラー「だったら私は(ごりごりごり…)これくらい好きよ!」

アン「それなら私はもっといっぱい…(ごりごりごりごり…)これくらい大好き!」

承太郎「やれやれ…DIO、お前の部下、あんなこと言ってるぜ。いいのか?」

DIO「フッ…承太郎、あんな娘欲しい」

承太郎「やれやれだぜ、あんなのが娘だったら、結婚式でボロ泣きしてバージンロードを歩けなくなるぜ?」

DIO「構わんよ」



私事ですが、今年の秋に挙式することが決まりました。なので結婚式の話です。
『聖☆おにいさん』の中村光先生は自身の出産体験を漫画のネタにしていましたが、私も結婚を機にネタの引き出しが増えないかと期待しています。リアリティだよリアリティ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。