スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木荘ネタNo. 116 「変わりゆく君にささげるブルース」

ある日の新聞の人生相談から:

『初めてお便りさせていただきます。

私には息子が4人いるのですが、一番上の息子のことで相談したいことがあり筆を執りました。

彼は小さい頃からとにかく可愛くて賢い、私の自慢の息子でした。大きくなってからますます賢さに磨きがかかり、ギャング組織を1つ平らげるほどに成長して、みんなから将来が楽しみだと言われ、私も鼻高々でした。

そう、彼が「無類の甲殻類マニア」になるまでは…。

今、彼の部屋は至る所エビやカニやフジツボのフィギュアで埋め尽くされています。数が増えすぎて廊下にあふれ出すほどです。ある日フジツボはあんな見た目でも甲殻類なのかと聞いてみたら、フジツボは幼生の頃はエビに似ていて水中を泳いでいるが、成長すると岩にくっついてあの姿になる、そんな生態の面白さについて小一時間語られました。休日は磯に出かけてカニを追いかけているか、ダンゴムシ(あれも甲殻類なんだそうです)の採集にいそしんでいるかで、家族との会話もなくなりました。それだけではなく、この前は磯料理屋の生け簀にいたイセエビを買い取ってきて自宅の水槽で飼い始め、「イセ郎」と名付けて猫かわいがりしています。

もともと生き物が好きな子ではあったのですがこんな奇行に走るような子ではなく、あまりの変わりように私も下の息子たちも困惑しています。

このまま見守ってやるべきでしょうか?』



DIO「ディアボロ…楽しいか?こんな訳の分からない人生相談のお便りをねつ造して…(ゴゴゴゴゴ…)」

ジョルノ「見る人が見れば誰だか分かるじゃあないですか。ミスタにはからかわれるわ、ブチャラティには心配されるわ、大変だったんですよ。どうしてくれるんですか…(ゴゴゴゴゴ…)」

ディアボロ「そ、そんな怖い顔することないじゃあないか。ちょっとした茶目っ気というやつだぞ」

DIO「そんなどこやらのラバーソールみたいな言い訳が通るか!悔い…」

ジョルノ「改めよ!」

『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄…!』




スクーターの「ジョルノ」がフルモデルチェンジというニュースから着想を得…たのはいいのですが着地してみたら何だこれ。万一本当にこんなことになったらナイトスクープに相談だ。
ちなみにこういう感じの生き物マニアは本当に私の知り合いにいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。