スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木荘ネタNo. 106 「もしもの世界」 (※さらなるパラレル注意)

※ 原作とも普段の当ブログで舞台となっている世界とも全く異なるパラレルワールドが登場します。
また、人によってはショッキングな展開に感じられるかもしれません。何が起こっても大丈夫な方のみ追記以下をご覧下さい。


ヴァレンタイン「ゴホン…この忙しいときに夏風邪を引いてしまうとは。仕方ない、平行世界から風邪を引いていない私を連れてきて代わりに仕事をしてもらうとするか」


※ ※ ※

トリッシュ(?)「はーい、おはようございます。朝のお薬ですよ」

ジョルノ(?)「やっと今日退院できるんですね」

トリッシュ(?)「そうですよ、お昼になったらご両親が迎えに来られますからね」



DIO(?)「どうなのです、息子の病状は」

ブチャラティ(?)「落ち着いていますよ、ここしばらくは以前のような妄想や幻覚は全く出ていません。ただ、お薬は欠かさず飲まなくてはいけませんから、ご家族も気をつけてあげて下さい」

DIO(?)「どうなることかと思いましたよ、自分が超能力者で、ギャングのボスを倒して組織を乗っ取らないといけないとか何とか言い出したときは。妻も一時はずっと泣いてばかりで…」

汐華さん(?)「自分の息子があんな事を言い出したら、それはもう取り乱しますよ。でもやっと退院できるのね、よかった」



アバッキオ(?)「そうか、ジョルノ君もいよいよ退院か。懐かしいな、夕食のお茶を見て、僕が小便を飲まそうとしているとか言い出して暴れたときのこととか」

ジョルノ(?)「あれで保護室行きになったり、色々ありましたね」

ミスタ(?)「ここの病院に初めて連れてこられたとき、携帯依存症で通院してた子供の付き添いの父親をギャングのボスだと思って殴りかかったこともあったんだっけ」

ジョルノ(?)「でもミスタさんもここに来たばっかりの頃、お酒が切れると6人だか7人だかの小人が見えるって大騒ぎしてたじゃないですか」

看護師A「ナランチャさーん、お孫さんと面会の時間ですよ…」

トリッシュ(?)「違う違う、こうやって言うのよ、ナランチャ、フーゴが算数を教えに来たわよ」

ナランチャ(?)「わあ、嬉しいな。今日は二桁の掛け算に挑戦するんだぜ」

ジョルノ(?)「ナランチャさんのお孫さんは感心な子ですよね。算数が苦手で、模型飛行機作りが好きだった少年時代にすっかり戻ってしまったお祖父さんの相手をああやって続けているんですから」

アバッキオ(?)「全くだ。つくづく偉い子だよ。偉いと言えば、時々手紙をくれて僕の帰りを待っていると言ってくれる同僚たちにも足を向けて寝られないよ。先輩が死んだのは僕のせいじゃないか、誰かに汚職の疑いをかけられるんじゃないかなんていう妄想が止まらなくなって、後輩の前で自殺未遂までした僕を…」

ミスタ(?)「アバッキオさんには人望があるんだな。ジョルノも、退院したら親父さんとお袋さんが待ってるぜ」

ジョルノ(?)「うちの両親なら、今頃ブチャラティ先生の話を聞いてる頃かもしれませんね」

ミスタ(?)「そういえば看護師のトリッシュさんはブチャラティ先生と付き合ってるって噂を聞いたんだけど…」

アバッキオ(?)「ブチャラティ先生はいい先生だし、きっと彼女を幸せにできるだろうな」

ミスタ(?)「ちぇっ、いい女だからちょっと狙ってたのにな~…。…!?
…今、カーテンの陰からじっとこっちを見てる、白い服でバッハみたいな頭のおっさんがいたんだけどよ…俺と目が合ったらすーっと引っ込んじまった」

ジョルノ(?)「やめて下さいよ。また変なものが見えるようになったんですか?」

※ ※ ※


ヴァレンタイン「うわああああ何だ今のは!?」

DIO「平行世界から戻ってきたと思ったら何だ、すごい冷や汗だぞ」

ヴァレンタイン「今、何とも名状しがたい平行世界を見てきてしまった…カーテンの裏から出てみたらそこは病院で、ジョルノが…いや、やめておこう」

DIO「ジョルノがどうしたというのだ!?気になるではないか!」



この話は正しい医学的知識に基づいたものではないこと、病院の内部の様子はいくばくかの資料を元に想像したものであること、実際に心の病に苦しんでいる方を笑ったり貶めたりする意図はないことをお断りしておきます。
「実は全てのストーリーが精神を病んだ主人公の妄想の産物だった」という結末になる作品を2つほど知っていまして、そのオマージュです。ジョジョのどの部でも、そんな結末になったら嫌ですねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ああ、勝手に改造ですね…もう一つ知らんけど。
ゲーム系なら毛色は違うけど歪みの国のアリスやらアリスインナイトメアやらの精神を病んだヒロインが歪んでしまった空想の世界を冒険するお話が思いつきます。
ついでに夢落ち…?ならワイルドハーフと言う作品もあってな…。

コメントありがとうございます。
Exactly. 1つはかってに改蔵です。もう1つは「シャッターアイランド」という映画です。すでに改蔵を読んだことがあったので早々にオチが読めてしまいましたが、それでもなかなか楽しめました。
ご紹介いただいた作品はどれも寡聞にして知らなかったのですが、調べてみたらワイルドハーフは単行本版だけが夢落ちになっている作品だとか。本誌や文庫とオチが違うというのはなかなか珍しいですね。
よろしければまた遊びに来て下さい。
sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。