FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3部アニメ完結記念ネタ 「祭りの後の後の祭り」

承太郎「あー、これより第3部アニメの打ち上げ会を行う。DIO、乾杯の音頭を」

DIO「うむ。皆よくやってくれた。何かとにぎやかな1年3ヶ月だったな。というわけで、私は普通の吸血鬼に戻るぞー!乾杯-!」

『乾杯-!!』

ジョセフ「やれやれ、あいつが今更普通の吸血鬼に戻れるはずなどないじゃろうに。まあ言ってみたかっただけじゃろうな」

アヴドゥル「あの台詞の元になった日本のアイドルグループのメンバーも、ついに終生一般人には戻れなかった者もいるとか」

花京院「何でそんなこと知ってるんですか。ていうかまた古いネタを持ち出してきたなぁ…」

ポルナレフ「そんなことより今日は飲むぜ」

ラバーソウル「よっしゃ飲むぞ!」

ダン「飲むか、せーの」

『♪4月は始まりで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 5月は船旅で酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 6月はインドで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 7月はエンヤさんと酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 8月はケバブで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ…』



(30分後)
デーボ「はい!ポルナレフのー、ちょーっといいとこ見てみたい!はい飲め飲め、飲め飲め…」

ポルナレフ「(ぐびっぐびっ)まだいけるぞー、俺は全然酔ってなんかいないぞ~」

エンヤ婆(ひっひっひ、せいぜい飲むがいいわ、飲んで醜態をさらす姿が見てみたいのう)

ホルホース「(ぐびっ)おいポルナレフ、飲んだついでに何か面白いことやってみな」

ポルナレフ「おうよ、それじゃあDIOの物まねするぞ~。(ばっ)俺は人間をやめるぞ~!」

エンヤ婆「あっ!いつの間にかわしが手押しカートに入れておいた矢がポルナレフの手にッ!」

Jガイル「お袋、何でそんなもん持ってきてるんだよ?」

エンヤ婆「や、館に置いておいたら盗まれるかと思うて…」

DIO「おい、誰かポルナレフを止めろ!ディアボロから聞いたことには…」

ブスリ

DIO「WRYYY!ポルナレフめ、やりおった!まずいぞ、これは大変なこと…に…(ガクリ)」

「何だ…急に眠気が…」「まずい…これは寝ちゃだめ…だ…」

スー、スー、スー



花京院(魂はヴァニラ)「ハッ!こ…この体は…いったい何が…そうだ!DIO様をお守りせねば…」

DIO(???)「アイス、私はここだ」

花京院(ヴァニラ)「DIO様!よくぞご無事で!」

DIO(???)「なーんてな(べーっ)俺が誰だか当ててみな、ヴァニラ・アイス」

花京院(ヴァニラ)「貴様、DIO様ではないな!DIO様がそのようなお顔をなさるはずがない!さては…ポルナレフだな!?」

DIO(ポルナレフ)「大当たり」

花京院(ヴァニラ)「貴ッ様~!よくもDIO様のお姿でふざけてくれたな!早くお体を返せ!」

DIO(ポルナレフ)「やなこった。この姿でお前をからかうのは楽しいぜ。よーし、鼻でもほじってやろうかなー」

花京院(ヴァニラ)「ぬおおお~!貴様、いい加減にしないと…」

DIO(ポルナレフ)「お?殴るの?削り取るの?DIOの体が傷つくぜ?いいのか?」

花京院(ヴァニラ)「キィィィーッ!」

ヴァニラ(花京院)「いたな、僕の体!何があったか知らないが体を返してもらおう!こんな変態な格好はまっぴらだ!」

花京院(ヴァニラ)「ふん、DIO様にお仕えできるありがたみがついに分からなかったお前に私の高尚なファッションセンスを理解できるはずもない」

ヴァニラ(花京院)「こんなものが高尚なら僕は一生高尚じゃあなくていい!」

DIO(ポルナレフ)「ところでヴァニラ・アイス、さっき俺の体がふらふらしながら便所の方に向かって歩いてったんだけど、お前らが互いに入れ替わってるところを見るとあれDIOじゃあねえかな?あの様子だと今頃ゲロ吐いてくたばってると思うんだが、助けてやらなくていいのか?」

花京院(ヴァニラ)「何だと!?それを早く言え!DIO様、今お助けします!」

ヴァニラ(花京院)「あの…僕は…」

Jガイル(ンドゥール)「DIO様!そこにおられるのはDIO様なのですね!姿形は存じ上げなくてもお声で分かります!あああ…想像していたより何倍もお美しい…」

DIO(ポルナレフ)「うぐっ!?Jガイル…じゃあねえはずだが…何か嫌だぜ…」

Jガイル(ンドゥール)「もっとよくお顔を見せて下さい…ああ、あああ、もう今死んだとしても後悔はありません…まさかDIO様のお姿を見られる日が来るとは…うっうっ…」

DIO(ポルナレフ)「率直に言う。お前、気持ち悪い」


(ちょうどその頃)
ポルナレフ(DIO)「頭痛がする…は、吐き気もだ…くっ、ぐう…な…何てことだ…このDIOが…泥酔しているだと?このDIOの魂が酔いどれのポルナレフの体に囚われて…反吐を吐く一歩手前だと…!?…ぐぐっぐぐぐぐ…あの場所へ!あの場所へ!…行きさえすればッ!」

←トイレ

偽キャプテン・テニール(エンヤ婆)「ポルナレフ…ではないか、まあ誰でもよいわ。ここは一杯じゃよ」

ンドゥール(Jガイル)「おげぇぇぇっ…ンドゥールのやつ、しれっとした顔でこんなに飲んでやがったのか。妙に静かだと思ったら…」

偽キャプテン・テニール(エンヤ婆)「息子や、大丈夫かい?」

ンドゥール(Jガイル)「ああ、だいぶすっきりしたぜ、サンキューお袋。お袋がいなかったらここまでたどり着けてなかったぜ」

偽キャプテン・テニール(エンヤ婆)「お前を魂の感覚で見つけられて良かったわい」

ポルナレフ(DIO)「うおお貴様ら、早くここを空けろーッ!もう限界だ、ううっ…」

花京院(ヴァニラ)「DIO様!私です、ヴァニラ・アイスです!こんなこともあろうかと壺をお持ちしました、お受け取り下さい!」

ポルナレフ(DIO)「すまな…おげぇぇぇぇ」

偽キャプテン・テニール(エンヤ婆)「でぃ、DIO様!?あわわわわ…このような失態、どうかお許しくだしゃれ…わ、わざとではないのですじゃ…ああ、おいたわしや…」

ポルナレフ(DIO)「はぁ、はぁ…妹キャラが定着したテニール(偽)がおかんキャラにシフトチェンジしたのを見たら、もうどうでも良くなった…アイス、助かったぞ」

承太郎(テレンス)「DIO様、そこにおられるのですね?こんななりですがテレンスです。ヴァニラから話を聞いて水をお持ちしました、お飲みになって下さい」

ポルナレフ(DIO)「(ごくごく)…はぁ。人心地ついた。よく水を持ってくるところまで気が回ったな」

承太郎(テレンス)「あくまで執事ですから」



エンヤ婆(偽キャプテン・テニール)「おっと…ちょいとそこの杖を拾ってくれねぇかい、執事のお兄ちゃん」

テレンス(承太郎)「あ゛ぁ!?」

エンヤ婆(偽キャプテン・テニール)(びくっ)

グレーフライ(マライア)「か…体が重い…足が動かせない…」

マライア(グレーフライ)「フフフ、そうじゃろう、だから年寄りは大切にするものじゃぞ」

ヌケサク(ジョセフ)「よし、いっちょ久しぶりに波紋呼吸でもしてみるかのう!」

ジョセフ(ヌケサク)「やめてくれ!俺の体がなくなる!」

ヌケサク(ジョセフ)「冗談じゃよ、ハハハ」

ダニエル(アヴドゥル)「か、体が熱い…目の焦点が定まらない…これが『酒に酔う』ということか…悪魔の飲み物、悪魔の飲み物…!アッラーよ許したまえ…」

アヴドゥル(ダニエル)「むう、酔いが覚めてしまった。飲み直しに行…」

ダニエル(アヴドゥル)「やめろ!本当にやめろ!そんなことをしたら私は天国に行けなくなる!」

ホルホース(ラバーソール)「メギャン!メギャン!…はあ、一度やってみたかったのになー。スタンドはお前の魂についたまんまだもんな。これじゃあお前と入れ替わってもいいことないじゃあねーか」

ラバーソール(ホルホース)「お前は子供か。そっちこそ俺の服についてるその黄色いベタベタ、ちゃんと取れるんだろうな?…しかし俺ってそんなにケツあごだったか?もうちょいシュッとした男前のはずなんだが」

ホルホース(ラバーソール)「はぁ?酔ってんのか?それとも頭撃って脳みそやられちまったのか?そっちこそ顔の輪郭がおかしいじゃあねーか、実物は左右のバランスがさ、こうもっと整ってて…作画崩壊か?円盤買ったら直ってるとかそういうやつか?」

ボインゴ(オインゴ)「鏡で自分の顔見るのと写真で見るのと何か違うっていうあれだろ?」

ラバーソール(ホルホース)「うわびっくりした!誰だお前!」

ボインゴ(オインゴ)「オインゴだよ。弟の魂は多分そこで酔いつぶれて寝てる俺の中に入ってるぜ。つくづく良かったよ、ホルホース、お前と入れ替わらなくてよ」

ラバーソール(ホルホース)「けっ」

アレッシー(マニッシュボーイ)「ったくついてねーぜ、弱い者いじめしか能がねぇ変態親父の体に入っちまうなんてよ。そりゃ結婚なんてできねーわけだよ」

マニッシュボーイ(アレッシー)「バブバブ―!」

アレッシー(マニッシュボーイ)「何か言いたげに泣いてるが、不満か?ふん、俺の言ってることが図星だから頭にくるんだろ?胸に手を当てて考えてみな」

マニッシュボーイ(アレッシー)「バブ―!(怒)」

ミドラー(デーボ)「おいてめえ何て格好してんだ!いろんなところがスースーするだろうが!」

デーボ(ミドラー)「あんたがスケベなことを言い出さなくてホッとしてるわ」

ミドラー(デーボ)「スケベな目で見られたくなかったら服を着ろ!」

デーボ(ミドラー)「残念でした、この間はちゃんと服を着てたわよ。こっちこそ古傷が痛むんだけど…とんだ仕事のスタイルね」

ネーナ(ダン)「暑い…この肉布団脱いでいい?」

ダン(ネーナ)「パーガローガキャー!(※ヒンディー語:「バカじゃないの?」)いいわけないでしょう!」

ヴァニラ(花京院)「大混乱だぞ、どうするポルナレフ?」

DIO(ポルナレフ)「んー、どうしようかな、もうしばらく遊んでみてもいいんじゃあないか?」

ポルナレフ(DIO)「(ゆらり…)ポルナレフ…呑気していられるのも今のうちだぞ。ディアボロに聞いたが、この状態を放っておくと全員が新生物に変化してしまうらしいな。取り返しのつかないことになるぞ。お前自身に止められないようなら、私のポケットに入っているらくらくスマホを出せ。ディアボロかブチャラティに連絡を取る。さあ早くしろ(ゴゴゴゴゴ…)」

DIO(ポルナレフ)「ああ、そうらしいな。それもそうか、何とかしないとまずいのか…はいはい今やるから、だからザ・ワールドしまえって。俺の気合いで何とか…ふんっ。
あ、戻った。うわ頭がガンガンする…」

DIO「貴様が飲み過ぎるからいかんのだろうが、何もかも…。ふー、やはりこの体がしっくりくる。しかしシルバーチャリオッツ・レクイエムの解除が貴様の気合い一つで出来るとは、帰ったらディアボロに報告せねば」

「元に戻ったのか?」「良かった良かった」「あのガキえらくない!ちっともえらくない!」


後日、ことの顛末を知った護衛チームは、「レクイエムの解除はポルナレフの気合いで何とかなる」ということに愕然としたという。



世界をまたにかけて、笑いあり涙あり、盛りだくさんな50日間の旅路だった3部の締めにふさわしいように、敵も味方も入り乱れて大騒ぎする話にしてみました。
ポルナレフが元気なときにレクイエムが発動したらどうなるのか、原作を読む限り謎のままですね。
ちなみに3部酒飲み音頭のフルバージョンは以下の通りです。↓

4月は始まりで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 
5月は船旅で酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 
6月はインドで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 
7月はエンヤさん(エンヤ婆)と酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ 
8月はケバブで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
9月は紅海で酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
1月からエジプトで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
2月はルクソールで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
3月はカイロで酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
4月はハヤブサと酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
5月は館で酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
6月はDIO様と酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ
4部もなんだかんだ酒が飲めるぞ、酒が飲める飲めるぞ、酒が飲めるぞ…

本当にさびしいよぉぉ…アニメスタッフさん…待ってます、4部…円盤買いますから…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。