FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチクロスオーバー:ボヘミアン荒木荘+α

「もしもボヘミアン・ラプソディーの影響で他作品のキャラが荒木荘とその周辺に現れたら…」という小ネタ集。
クロスオーバーを楽しめる方向け。苦手な方はごめんなさい。


(ヴァレンタイン・吉良・ディアボロ meets 聖☆おにいさん)
ヴァレンタイン「…!!(ガクガクガクガク)あのお方が…!あのお方が降臨された…!ゆるいTシャツにジーパン姿でも分かる、その掌の傷、いばらの冠…!間違いない、あのお方だ…!」

イエス「えへへ、そんなにかしこまられると照れるなぁ」

ヴァレンタイン「私はアメリカ合衆国大統領ファニー・ヴァレンタイン。どうか、どうか我が国に永遠の繁栄を与えたまえ…!」

イエス「へえ、あなたがアメリカの大統領…!テレビじゃなくてこんなに近くで見るのは初めてです。どうぞよろしく。1つお願いがあるんですけどいいですか?」

ヴァレンタイン「はい、イエス様の仰せとあれば何なりと」

イエス「私をジョニー・デップに会わせてもらえませんか?いつか兄弟役で映画のオファーが来ないとも限りませんし(ドヤア)」

ヴァレンタイン「はい喜んで!」


吉良(ねりねりねり)

ブッダ「ぬか漬けですか、いいですねえ。私もベジタリアンだから気になってて」

吉良「良かったらいくつか持っていきますか?ぬかも良かったら少しどうぞ」

ブッダ「本当ですか?うれしいなあ。お礼にシルクスクリーンTシャツなんてどうです?」

吉良「あ、ああ、ありがとうございます…。しかしあなた、見れば見るほどブッダっぽいなぁ」

ブッダ「はい、よく言われます(ニッコリ)」


竜二(極道さん)「へえ、兄ちゃんイタリアンマフィアってやつかい。俺なんぞは映画の中でしか知らんかったがやっぱり本物は殺気が違うのう。国は違っても極道者同士仲良うしようや」

ディアボロ「そういうあんたは日本のギャングスターか。娘の友人の紹介で一緒に食事をしたことがある」

竜二「そんなに大きい娘さんがおるんか!?そんな年にはとても見えんが…」

ディアボロ「ちょっとした若気の至りでな」

竜二「何じゃ、やんちゃじゃのうガハハハ!どこの組織か聞いてもええか?」

ディアボロ「パッショーネだ。今はほぼ引退に近い身分になってしまったがな。何しろ俺の手から組織を丸ごと奪った恐ろしいガキがいて…」

竜二「…!?あんた今何て…」

ディアボロ「そうだ、自己紹介が遅れたな。俺の名はディアボロ、パッショーネの創設者で元ボスだ」

竜二「ひいいいいーッ!調子こいてすいやせんでしたーッ!命だけは、命だけはご勘弁を!」



(カーズ meets 鬼灯の冷徹)
鬼灯「トラ…めっちゃもふもふしたい」

カーズ「うむ、あの肉球もそそられる物がある。お前とは本当に動物の話のしがいがあるな」

鬼灯「ええ、私もチベスナ(チベットスナギツネ)の目つきについてあなたと語ることができて満足です。最近ではカカポも一押しですよ」

カーズ「あれはまだ実物を見たことがないが、極端に鈍くさい生き方に逆に惹かれるものがある生き物だな」

鬼灯「そうなのです。気が合いますね。こんなに気が合って、しかも人外の者という共通点がある方に出会えるとは」

カーズ「そうだな。うちにはもう1人人外の者がいるのだが、あやつは動物に癒されるより人間の女にうつつを抜かすのを好むのだ」

鬼灯「ああ、それなら私のいけ好かない知り合いと同じですよ、チッ。しかしあなたは死んだらぜひ獄卒にスカウトしたい」

カーズ「そいつは無理な相談だ。死のうと思っても死ねない体なものでな」

鬼灯「それは残念」

カーズ「一期一会ということで、この猫カフェを出たらもう一軒行かんか」

鬼灯「ええ、今度はできればお酒の飲める店で」



(DIO・プッチ meets HELLSING)
DIO「何だ貴様は!なぜ日光の下で生きていられる!?なぜ頭をつぶしても死なない!?お前はいったい何なんだァァァ!この化け物め!」

アーカード「そうか、貴様もそうなのか。さながら時を止めて動いているような反射神経に少しは期待もしたのだが…霧にも蝙蝠にも姿を変えられない、出来損ないのくだらない生き物め。お前は犬の餌だ」

DIO「WRYYYYYY!!このDIOが、このDIOが犬の餌だとォォーッ!?」

プッチ「DIO!何が起こっているのかと思えば何でこんなことに…!ここは私が食い止めるからその隙に…」

マクスウェル「(ぬっ)神父のくせに吸血鬼に与するか、この豚野郎。カトリックの面汚しが…!アンデルセェェェン!!」

プッチ「また何か来た!もしかして囲まれた!?」

DIO「これはひょっとしてあれなのか、ウンガロの能力が暴走を…」

プッチ「ああ、おそらくは…(ピッピッピッ)もしもし、ウンガロ、聞こえるか!?今私もDIOも君のスタンドのせいで絶体絶命のピンチなんだ、頼むからスタンドを引っ込めてくれェェーッ!」



(3悪 meets 天体戦士サンレッド)
ヴァンプ将軍「ほら、こうやって、赤ワインの染みは白ワインで取れるの」

テレンス「ほー。…失礼を承知で伺いますが、あなたはいったい何者なんですか?」

ヴァンプ将軍「私?だからさっき言ったでしょう。ヒーローと戦うしがない悪の組織の将軍ですよ」

ンドゥール「(くんっ)この匂いは…鶏団子鍋」

ヴァンプ将軍「お近づきのしるしに、執事さんにおすすめのレシピを伝授したんです。大人数になるみたいだから、鍋を囲むのがいいと思うの私!」

戦闘員1号「ここも悪の組織だと聞いたので、せっかくなら悪の組織同士友好を深めたいですからね」

テレンス「それなら食事の後に親睦を深めるためにゲームでもしませんか?」

タイザ「ゲーム、ゲーム」

ダニエル「非電源系がお好みなら、トランプや麻雀の用意もありますよ」

テレンス「兄さん、しゃしゃり出ないで下さいよ。また殴られたいですか」

アントキラー「おいおい、兄貴ってのはもうちょっと丁寧に扱うもんだぜ」

カーメンマン「そうそう」

テレンス「余計なお世話だ(ギロッ)」

アントキラー「おお、怖い怖い」

ヴァンプ将軍「うん、出来たみたい。皆さーん、ご飯にしましょう」

どやどやどや

ヴァンプ将軍「しかしなんですね、ここの組織は資金も潤沢にあって、皆から畏れ敬われるボスもいるそうで、うらやましいです。うちなんかいつもかつかつで、大幹部のキングフロシャイム様も最近はすっかりお孫さんにかかりきりで丸くなってしまって…」

ラバーソウル「あー、うちのDIO…様は、確かに金は持ってるけど親バカなのは同じっすよ」

エンヤ婆「イタリアギャングのボスになられたジョルノ様を頭に4人おられるご子息をそれはそれは可愛がっておいでですのじゃ」

カーメンマン「…今ギャングのボスって言ったか?」

メダリオ「レベル高けーな…」

ヴァンプ将軍「ヒーローとの関係はどうです?うちはいつもレッドさん…ヒーローにはワンパンでやられちゃって、その後正座させられて説教される始末で…」

『……』

ラバーソウル「ワンパンからの説教?へー、優しいなあ、お宅の敵さん。俺なんて顔の形が変わるまで殴られたんすよ。もうハンサムが台無し」

テレンス「同じく」

ダン「甘いな。俺なんて原型も残らないくらい全身ボロボロのグチャグチャにされたぜ?」

デーボ「はーい、俺、股間以外全身ズタズタに切り刻まれたー」

ダニエル「私は精神攻撃で発狂させられた…」

エンヤ婆「女子供や老人にも容赦なしですじゃ。わしはもう少しで窒息死させられるところじゃったし、息子は全身をめった刺しにされて…ううっ」

マライア「私は鉄くずの山につぶされて死にかけたわ」

ミドラー「私なんて乙女心を弄ばれた上に歯まで全部折られて…」

ンドゥール「汚い手も使うぞ。生きた犬を飛び道具代わりにしたり…」

カメオ「スカト●プレイを強要してきたりもするぞ」

ヴァンプ将軍「えー、凶悪だなあ。ところでスカト●って何?」

ギョウ「(ガクガクガク…)いや、そんなこと問題じゃない気がしますヴァンプ様…」

カーメンマン「(ガクガクガク…)もしかしてここのヒーロー、昔のレッドどころかアバシリンよりたちが悪いんじゃあ…」

メダリオ「(ガクガクガク…)まじレベル高けえ…」

戦闘員1号「(ガクガクガク…)レッドって優しかったんだなぁ」



超巨大な貧乏くじを引いたDIO様&プッチの親友コンビ。果たしてボヘミアン・ラプソディー解除まで生き延びられるのか?
そして鬼灯様、2年の時を経てこのブログに再び登場。前回絡みがなかったカーズ様と絡ませてみました。
荒木荘以外では悪の組織つながりでフロシャイムと3悪が対面。サンレッドはヒモのチンピラだけどとーっても優しいと痛感したフロシャイムのメンバーなのでした。ちなみに暗殺チームの元にはサンレッドと同じ作者の「GO!GO!ぷりん帝国」のベルムス(貧乏暮らしのエキスパート)が赴いていたりします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。