FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木荘ネタNo. 92 「お犬様のお通り」

カーズ「DIO!これを見るのだ!」

DIO「なになに…『犬と見つめ合うことで愛情ホルモン・オキシトシンが出る』?フン、そんなことがあるものか。あんな人間にへーこらすることしかできない獣が…」

カーズ「ちゃんと科学的に証明されているのだぞ。最近吉良がカリカリしていて家の雰囲気が良くないから、子犬でも飼えば落ち着くのではないか?」

DIO「バカを言え。だいたいオキシトシンは母乳の分泌を促すと書いてあるだろう?吉良のやつから母乳が出るようになったらどうするつもりだ」

カーズ「はぁ!?何を訳の分からないことを…」

DIO「冗談だ。とにかく私の目の黒いうちは犬を飼うのは許さんぞ。うちにはもうアヒルもいることだしな」

カーズ「目、黒くないだろうなのだ」

ヴァレンタイン「何?犬がどうしたって?犬はいいぞ、心を和ませてくれる」

カーズ「ヴァレンタイン、分かってくれるのか。ほら見ろ、里親募集サイトに出てるこの子なんてどうだ?」

ヴァレンタイン「おお、なかなか賢そうな子じゃあないか。訓練すればアヒルを追ってアヒル小屋に入れてくれるかもしれん」

DIO「貴様らちょっとは人の話を聞けェェ!」



DIO「まったく、あんなけだもののどこがいいのだ…。胸くそ悪いからワンチェンのところに飲みに行こう」

カランカラン…

ワンチェン「いらっしゃいませー。おおDIO様、ご機嫌うるわしゅう」

DIO「うるわしくないぞ。同居人たちが私の言うことも聞かず犬なんぞ飼おうとし始めおって…」

ワンチェン「奇遇ですな。うちでもストレイツォが妙なことを言い始めて…」

ストレイツォ「リサリサも独り立ちして、どうも愛情を注ぐ相手がいないと日々張り合いがないのだ。小型犬か何かが飼いたい」

DIO「貴様もかァァァ!!」



DIO「くそっ。どいつもこいつも犬犬犬…ふざけてるのか…」

承太郎「DIO、てめえこんなところで何してる」

DIO「同居人たちもストレイツォも犬を飼いたいと言い出しおってな…私は犬が嫌いだとあれほど言っているのに。犬は愛情ホルモンを分泌させて心を和ませるだと…たわけたことを…」

承太郎「そうか?ジジイのところにはイギーがいるが、あんなクソ犬見ててもちっとも和まないし癒やされもしねえぜ」

DIO「そうか!お前は分かってくれるか!ハハハ、やっぱり貴様は強敵と書いて友だ!」

承太郎「な、何だよ大げさな…」

イギー「イギィ~」

DIO「ひっ!」

承太郎「ん?何だイギー。しおらしくして、てめえらしくもねーじゃねえか。明日雪でも降るのか?んん?」

DIO「貴様、そんな愛情深い目でイギーを見るなァァァ!ふざけるな、犬のどこがそんなにいいんだァァァ!!」



こんなニュースを見たので。しかしうちで飼っていた先代の犬が亡くなる直前にジッと目を合わせてきたときほど辛い時はなかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

パクチー

Author:パクチー
関東から奈良県に引っ越しました。
旅と動物とウンまぁぁ~い物を愛する既婚女性。

ツイッターはこちら。https://twitter.com/ricecooker1229

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。